でも気になるんです

HSP(敏感すぎる人)に関するブログです。自分がHSPに当てはまる部分を4コママンガで描いています。この言葉を知って以前よりは生き辛さが薄まった気がします。雑記も書きます。

【HSP漫画】共感力/作品の世界にダイブして戻ってくるのに時間がかかる理由

 

こんにちは、めーめーです。

 

子供の頃から漫画の世界にどっぷりのめり込むタイプでした。

このような人に対して一般的に「オタク」という言葉が使われますが、私の場合は感情がのめり込みすぎてなかなか抜け出すことが出来ないのです。

 

それもHSPの共感力」の高さが関係していました。

 

目次 

 

悲しくて悲しくて嗚咽しながら読む漫画

 

「星守る犬」という漫画が悲しくて号泣する私。犬好きの友達に貸すと「泣くほどでは無かった」と言われ、共感力の高さがHSPの気質だと知る。

「星守る犬」という漫画が悲しくて号泣する私。犬好きの友達に貸すと「泣くほどでは無かった」と言われ、共感力の高さがHSPの気質だと知る。

 

今までいろんな作品を見たり読んだりして泣いてきましたが、私が特に弱いのが社会的弱者なキャラクターが辛い目にあったり、純粋なキャラクターの自己犠牲が描かれるシーンです。

「星守る犬」はその両方が入っているので本当に泣きました。泣きすぎて辛すぎて2度と読めない漫画になってしまいました。それくらいのめり込んでしまうのです。

 

犬好きの友達は絶対泣くだろうと思っていたが・・・

 

犬を多頭飼いしている超犬好きの友達にこの本を貸して返って来た感想は意外にも「いい話だけど泣くほどでは無かった」でした・・・。

あれ、え、泣かない要素がどこにあるの???

 

その時に初めて「この(感情が揺さぶられて現実に戻れない程の)のめり込み方は私独特のものなんだろうか?」と疑問を持ちました。

 

その疑問もHSPの持つ気質の1つである「共感力の高さ」だと知って納得です。

 

感情を揺さぶられたその他の漫画

 

自分でビックリしたのは「君に届け」という少女漫画を読んでいる時に感情移入しすぎて手が震えたこと。指先に痺れている感覚があって、漫画を読んでて手が震えたのは後にも先にもこの作品だけでした。

爽子ちゃんが風早くんにキスして欲しくて行動するシーンと、千鶴が幼馴染の龍のためにオニギリを運んで見つかるシーン。千鶴の号泣シーンは私も一緒になって泣いてしまいました。

 

あと前に違う記事でも取り上げましたが「イノサン」というフランス革命前からの死刑執行人を描いた漫画。

今では大好きな作品になり新刊の発売を心待ちにしているのですが、美麗な絵で描かれる人間の醜さや地獄絵図がもう本当に衝撃的過ぎて1、2巻を読んだ後フラッフラになり3日間くらい気分が落ち込んでしまいました(続巻の9月虐殺描写も衝撃)。

 

それも知り合いに話したら「イノサンは読んだことあるけどそこまで落ち込んだりしないよ」ってあっさり言われました。そうか・・・普通はここまで感情を揺さぶられないのか・・・。

 

 

まとめ/辛い気持ちになる作品は最初から敬遠する 

 

上にリンクしてある怖いもの見たさの記事にも書きましたが、読んだ後に絶対落ち込む・悲しくて号泣するとわかっている作品は避けるようにしています。

 

世の中には「涙活(るいかつ)」という「泣くことでストレスを発散したり自律神経を整えたりする」活動もありますが 、私の場合泣くことでものすごく疲れてしまうのです。

 

話題作だからといって興味本位で飛びつかず、自分にどんな影響を与えるか考慮して作品を楽しみたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 


↓応援して頂けたら嬉しいです

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村


HSP (Highly Sensitive Person)ランキング