でも気になるんです

HSP(敏感すぎる人)な私の日常を漫画にしてみました。時々雑記も書きます。ただいま転職活動中。

【HSP漫画】片づけが苦手なので物を減らしました

 

こんにちは、めーめーです。

私は子供の頃から「片づけ」が苦手でした。対して兄は極度のキレイ好き。同じ親から生まれた兄妹なのになぜ私だけ片付けができないのかずっと疑問でした。

 

しかしHSP関連の書籍やサイトで「HSPの人は片付けが苦手」という文章を目にして「あぁーーーーただの怠け者じゃなかったーーーー」と少しほっとしました。

 

目次

 

片付けと私

 

f:id:kubo-me-me:20200207220247j:plain

 子供時代

 

小学生の頃は兄と同じ子供部屋でした。それが嫌だったわけではないけど私はほとんどリビングに居座ってテレビを見たり漫画を読んだりイラストを描いたりしていました。

 

リビングに私物を持ち込んで、それを自分の部屋に戻さないものだからあっという間にリビングは雑多な感じに・・・。

 

両親は特に何も言いませんでしたが、見逃してくれないのがキレイ好きな兄。私が寝転んでのんびりしていると漫画のように突然「掃除の号令」をかけられます。で、私の物を自分の部屋に戻すとあっという間にリビングはキレイな状態に。

兄に怒られて反省はするんだけど、毎日がこの繰り返しでした。

 

高校時代

 

自分の一人部屋をもらったら更に片づけなくなりました(兄チェックも無かった)。

友達が来ても足の踏み場が無いため、友達が私の代わりに片づけてくれました。友達曰く「自分の部屋は片づけたくないけど他人の部屋は片づけたくなる」そうです。

 

私は特に他人の部屋も片づけたくなかったので、そんなありがたい考えの人がいるんだなと感謝しました。

 

一人暮らし時代

 

片づけられない人間が完全なる一人暮らしをするということのヤバさ。

キレイな新築アパートの室内も1ヶ月持たず汚部屋に・・・。

 

ただ友達がよく遊びに来てくれたので、ここでも友達の手助けで腐海に沈むことまではありませんでした。

更に洗濯やキッチンの洗い物までしてくれる友達ができたため本当に助かりました。人間はこうやってダメになっていくのです。

 

実家暮らし時代

 

家庭の事情で実家に戻ることになった私。引越ししたばかりということもあり、一念発起して部屋をキレイな状態にするも数日も経たずまた汚部屋に。

 

この頃はとにかく掃除や片付けの本を読みまくりました。なんだかんだ言ってもキレイで整った部屋に憧れていたのです。今でも掃除関連の本が売れるのはこういう人がたくさんいるからなんでしょうね。

 

自分の動線を考えて収納場所を考えたり新しい収納BOXを買って整頓したりと、もっぱら収納術頼りの時代でした。

 

転機は断捨離

 

泊まりで外出し、翌日帰宅した時の部屋のごちゃごちゃさが段々ストレスになってきました。泊りの準備をして出かけた後って何であんなに部屋が物で溢れるんでしょうね。え、あ、私だけだったらすみません。

 

そんな時に出会ったのが片づけ界のリーサルウェポン「断捨離」!!

 

物を捨てることにあまり抵抗の無かった私にはこのやり方がとても効果的でした。

 

ベッドの下に収納していたVHSビデオカセット3箱分(ビデオデッキは既に無いのに放置していた)を捨てた後のベッド下のスッキリさと掃除のしやすさ!

 

他にも大量の洋服、漫画、しまい込んでいた書類、小物類など、もう何年も使っていないのに放置したままの物たちを処分しました。

 

まとめ/結局物が多すぎるから部屋が片付かない

 

断捨離に出会わなかったら今も乱雑な部屋で「なんで私は片づけられないの?」とストレスを溜めながら過ごしていたと思います。

結局物が多すぎるんですよね。片づけが苦手なのに物を持ちすぎました。自分を知るって本当に大事です。

 

いつかミニマリストになりたいなぁなんて思い始めたりしています。

まだまだ不要な物はたくさんあるので、春にリサイクルセンターに持っていけるように片づけを頑張りたいです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

  


↓応援して頂けたら嬉しいです

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村


HSP (Highly Sensitive Person)ランキング