でも気になるんです

HSP(敏感すぎる人)な私の日常を漫画にしてみました。時々雑記も書きます。ただいま転職活動中。

【HSP漫画】怒られると完全に嫌われたと思いこむ思考回路をどうにかしたい

 

こんにちは、めーめーです。

 

私の頭の中では「怒られる」=イコール「相手に完全に嫌われた」という方式が出来上がっているので今でも落ち込むことが多いです。

 

目次

 

怒られるのが苦手 

f:id:kubo-me-me:20200224213901j:plain

いや、怒られるのが得意な人、好きな人もいないとは思いますが上記の漫画のJちゃんは本当に全く!全く気にしていませんでした。

 

同じことをして全く同じように怒られたのに、私はこの世の終わりみたいな気持ちで「店長に嫌われた・・・今後はきっと厳しく接してくるんだ・・・」とガックリ。かたやJちゃんは何事も無かったかのように店長に話しかける・・・。

 

私にとっては衝撃の光景でした。

 

なぜ嫌われたと思い込むのか

 

調べたところによるとHSPの人は「怒鳴り声」「緊張した空気」「周囲から注がれる視線」などが強い刺激となるそうです。

 

更に多くのHSP関連本にも書いてありますが「一部分を否定されたことに対して、自分の全人格を否定された気分になる」ということです。これ・・・すごくわかります。正に「私嫌われたどうしよう」の世界です。

 

こういう時にはお得意の「相手の気持ちを察する能力(もしくは自分に置き換え、このくらいのミスで嫌いにはならない)」が発動しないのはなんなんですかね。

 

いつまでも気持ちを切り替えられない 

 

他人から見たら「小さなミスを指摘された」くらいでも、私はいつまでも気にして落ち込んでしまいます。

昔は「自分が怒られ慣れてないせいだ」「小さい頃からあまり怒られずに生きてきたからそのツケが今きたんだ」と自分を責め、自己嫌悪になったりしていました。

 

怒られてもケロッとしている友人や他人を見て「あんな風に心が強くなりたい!」って思いました。

 

対応策は自己暗示と知識を増やすこと

 

落ち込みや自己嫌悪に襲われた時は「アファメーション」をしています。

これはテレビで偶然見たのですが、簡単に言うと「ポジティブな言葉を自分にかけて(実際に声を出すと効果的)気持ちを高める、思考を前向きな方向に持っていく」という感じかな。

 

私は自分の性格が「思い込みが激しいタイプ」だと思っているので、落ち込んだ時は「私はとても運がいい!だから大丈夫!!」と言い聞かせています。そうすると実際に心が明るくなって体も軽くなる感じがするんですよね(ザ・思い込み)。

 

 特に「考えても仕方がない悩み(将来のこととか老後のこととか健康のこととか)」にはとても効果的だと思います。

 

他にもポジティブな書籍をたくさん読んで知識(選択肢)を増やしたり、頑張っているアスリートを見て自分も頑張ろう!と思ったりと、自分でできるちょっとした工夫をしています。

 

まとめ/怒られないようにすることも大事

 

「大人になると怒ってくれる人は貴重」とは言いますが、やっぱり私はなるべくなら怒られたくないです。そのことで精神エネルギーを消耗したくない。

 

なので自己防衛といいますか、空気が読める能力を活かして危険を回避していきたいと思います。

 

あとただ単に理不尽な怒りをぶつけられたら、すぐ言い返せるように練習したりしています・・・。ここでは書けない言葉の羅列ですが・・・。

人に舐められるのは嫌いなのです(闇金ウシジマくんイズム)。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 


↓応援して頂けたら嬉しいです

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村


HSP (Highly Sensitive Person)ランキング