でも気になるんです

HSP(敏感すぎる人)に関するブログです。自分がHSPに当てはまる部分を4コママンガで描いています。この言葉を知って以前よりは生き辛さが薄まった気がします。雑記も書きます。

【人間関係】めちゃくちゃ仲の良かった友達と疎遠になる時

 

こんにちは、めーめーです。

 

私には10代後半で出会っためちゃくちゃ仲の良い友達がいました。が、気づけば疎遠になってしまいました。

「こんなに気の合う友達はいない!きっとおばあちゃんになるまでこんな感じでいくんだろうな!!」と思っていたので自分でも衝撃を受けました。

 

目次

 

仲良くなったきっかけは同じバンドが好きなこと

 

10代後半の頃私はとあるV系バンドにハマっておりまして、それがきっかけでPちゃんに出会いました。

 

好きなものが同じだと仲良くなるのも早いです。あっという間にお互いの家を泊まりで行き来したり一緒にライブに行くようになりました。

 

時代と共に好きなバンドが移り変わっても、感性が似ているのか同じものにハマるので問題は無く(バンギャは好きなバンドが変わると疎遠になることが多い)楽しい時間を過ごしていました。

 

Pちゃんを尊敬していた

 

私はご察しの通り面倒くさい人間なのでいろんなところで友達とくっついたり離れたりを繰り返していました。

「いろんなところ」というのは主にバンギャ仲間(バンドが好きな人の集まり)と同人仲間(同人誌を作る人の集まり)のことです。

 

私見ですがこの2つの世界は好きな物を媒体にするので仲が親密になりやすく、故にトラブルも多かったです。

私の周りでも「誰々とケンカした」「もうあの人の顔を見たくない」「グループ抜けるわ」等の会話がよく飛び交っていました。男性の世界(鉄オタとかガンオタとか)でもあるのかな?そもそも群れないのかな?

 

そんな中、Pちゃんはとにかく「人との縁を切らない」と昔から言っていました。来るものは拒まず去るものは追わないけど戻ってくるのはいつでもウェルカムという感じ。

 

なので「めーめーと〇〇さんがケンカしても私は2人ともと付き合うから」と言われ、なるほどなと感心しました。

 

小学生女子のように「私は〇〇ちゃんのことが嫌いだからあなたも〇〇ちゃんと仲良くしないで!」ってストレートに言われる事はないですが、大人の世界でも同調圧力はしっかり存在しますからね。

 

Pちゃんは自己肯定感がとても高いので(羨ましい・・・)自分を卑下することも不安や心配に襲われることもあまり無く、根っからのポジティブ人間でした。

悩みニストな私はたくさん愚痴を聞いてもらい、その都度励まされました。

 

だんだん合わなくなってきた好み

 

 Pちゃんが新しく好きになったバンドがどうにも私のツボに入らず、ライブに誘われても断ることが増えました。

私の好きなもの(BiSHとかベビメタとか)にもPちゃんは興味を示さず音楽の話が会話から減りました。

 

私が変わったのかPちゃんが変わったのか

 

そうすると日常の話がメインになるのですが、愚痴の比重がとても多かったです。今までPちゃんの口から愚痴を聞いたことがあまりなかったのでとてもビックリしました。

愚痴や悩みを一方的に聞いてもらうことが多かったので、もしかしたら抑えていたのかもしれません。

 

私が「愚痴はイカンな」と思い直している時期と、Pちゃんが「愚痴を言い始めた」時期が運悪く重なってしまいました。今まで散々愚痴や悩みを聞いてもらったのに本当に恩知らずで申し訳ないです。

 

www.me77me.com

 

Pちゃんはライブの誘い以外は自分から「遊ぼう」と言わない受け身タイプなので私が誘わなくなると自然に会う機会も減っていきました。

 

誕生日カードや年賀状のやりとりも・・・

 

記念日はタイミングを逃すと意味がないので、お互いカードは誕生日当日・年賀状は1月1日に届くように投函していました。

 

しかしPちゃんの仕事が忙しくなったせいか気持ちが離れたせいか段々私の手元に届く期間が遅れていきました。

カードを買いに行くのが手間なのかもしれないと思い、去年はLINEで誕生日おめでとうメッセージを送ったのですが1週間経っても既読が付かず・・・。

その後「LINEをくれたのは知ってたんだけど忙しくて確認できなかった」と返信が来ました。

 

年賀状も毎年ひと捻りある面白いイラストの年賀状と何かしらのメッセージを付けてくれていたのに今年は普通のイラストの年賀状と「今年もよろしくお願いします」という文のみ。

 

なんかこうやって書いていると男女間の愛が冷めていく様子に似ていますね。

自分に対する関心が相手から段々無くなっていくのを感じ取る過程は男女関係ないのかもしれません。

 

別のポジティブな友人から学んだこと 

 

f:id:kubo-me-me:20200116115133j:plain


※決して宇野くんをディスっているわけではありませんのでご了承ください。私も宇野くん好きです。

 

このポジティブな友人のように「せっかく久しぶりに会ったんだから楽しい話をしようよ」ってPちゃんに言えれば良かったのかもしれません。

 

でも今まで自分が散々Pちゃんに愚痴ってきたことを考えると「お前が言うな」ですよね・・・。自分がやってきたことがブーメランになってみごとに返ってきました。 

 

まとめ/友達をこれ以上減らさないために

 

家族や職場など、切ろうと思ってもなかなか切れない人間関係がある一方、友人・恋人・夫婦などはお互いに努力しないと簡単に切れてしまいます。 

 

相手がいることなので自分だけが頑張ってもダメなんですけど、ちょっとした気遣いは常に心掛けたいです。

 

仲が良くなればなるほどこの「ちょっとした気遣い」がなぁなぁになってしまうんですよね。本当、友人関係は自分の行いを反省することが多いです。

人に求めるより、まずは自分をしっかり立て直したいです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 


↓応援して頂けたら嬉しいです

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村


HSP (Highly Sensitive Person)ランキング